ブロンズ・シルバー帯におすすめできるADC

さて、AD Carry(以下、ADC)の難しさは前の記事で紹介しましたが

「そんなことは知ってるよ! 僕が知りたいのはどうやって勝てるかだ!」

と思っている人もいるかもしれませんね。

そんな人のために今回はブロンズとシルバーのランク帯の人にスポットを当てて

自分から勝ちに行ける方法を紹介します。

 

なぜADCではレーンで勝ててもキャリーしづらいのか

よく言われることなんですけど、

案外理解してない人もいると思いますので、改めて解説したいと思います。

正確には今のシーズン7ではADCは弱いんです。

どういうことかというと、今強いチャンピオンの種類というのが、

「アサシン」と「タンク」になっているんですね。

(詳しくは、また説明するときがくれば記事にしたいと思います。)

「アサシン」vs「ADC」に関しては、嫌な思いをして来た人も多いと思います。

例えばゼドvsアッシュとかですね。 …思い出したくもないですかねw

じゃあ「タンク」vs「ADC」はどうなっているのか。

なんと、タンクのほうが強いんですよ。なぜかというとシーズン7だからなんですね。

かなりタンクが優遇されるようになってADCでは、溶かしきることが難しくなったんです。

(勿論すごい育ったりなどの例外は除きます。)

色々ナーフが来てはいるんですが、脅威のナーフだとかのせいで

あまりうまく調整できていません。

つまり、ADCが育つより、アサシンやタンクが育った方が今のシーズンは強いです。

これが、今ADCが育ってもキャリーしづらい理由になっています。

 

ダメージ系ADCとサポート系ADC

それでもADCがやりたい人はいますよね。 僕もそうですw

ということでブロンズやシルバーのランク帯で

おすすめできるADCは、ダメージがだせるチャンピオンです。

どういうことかというとADCの中にも、

「ダメージを出すのが得意」なADCと「CCなどのサポートができる」ADCがいるんですね。

前者の方だと、ルシアンやドレイブンなどですね。

後者の方だと、アッシュやヴァルスなどです。

(補足:ヴァルスは脅威ビルドが流行っていた時にはダメージが出せましたが、

今はその時よりは出ません。)

ということで僕がブロンズやシルバーでキャリーをするためには、

ダメージ系ADCをやればある程度はできるのかなと思っています。

なぜかというと、サポート系だと多少はダメージ系よりダメージが劣ってしまうので、

その間にほかのレーンなどでキャリーをされたり、

相手がダメージ系ADCだと押し切られてしまうからです。

上位レートだとこればかりではないのですが、こうなる可能性が高いので

ダメージをきっちりだして他のレーンまで影響を与えればキャリーできると思います。

 

終わりに

さて、最初のほうに書いた通り

今ADCが育っても試合に勝てるとはならない試合が増えてきました。

それでもADCは遠距離からダメージを出してキャリー出来た時は、

すごい楽しいものですのでADC好きな人はこの記事を参考にしてみてください。