LJL CS 2018 Spring Split 予選 順位予想

※個人の予想なので、的外れな事も書いてあると思います。
今年も遅れてしまいましたが、順位予想をしていきたいなと思います。
(他と内容が被っていても仕方がない。考察が違うだけで良しとしてください…。)

 

なぜ予選を行うのか

予想の前に、前回の記事でも書きましたが予選を行う理由を先に書いておきます。LJL Challenger Series(以下、CS)は、LJLに出るため全6チームが競い合います。しかし、応募が4チームを超えると予選を開き4チームまで絞ります。残りの2チームは前回のSplitでLJLから降格してしまったチームかCS Promotion(入れ替え戦)で惜しくも昇格できなかったチームが予選無しで参加します。

 

順位予想

今回は今まで予選会をして来た中でも一番参加チームが多いです。合計10チームから5チームまで絞ります。(予選免除のSCARZとBurning Coreが合併したため1チーム追加されています。)

 

  • Group A

  1. Crest Gaming Act(CGA)
  2. AKIHABARA ENCOUNT(AE)
  3. Hokuto Esports(HKT)
  4. SunSister ReUnion(SSR)
  5. HarmoniX Gaming(HXG)

ピックアップ:Crest Gaming Act
1位予想のCGAはMidにLavie選手をスターター登録しました。Lavie選手といえば去年のLJL 2017 Summer Splitで大暴れしたのが記憶に新しいです。他にもリザーブに同じくLJL経験者のAtyamomo選手を登録していて、他のメンバーもそれにふさわしいメンツが揃っています。そしてゲーミングハウスもあるそうです。(MidとSupが韓国人選手のため。)

 

  • B Group

  1. Sengoku Gaming Legends(SGL)
  2. V3 New generation(V3N)
  3. HANAGUMI KAREN(HNK)
  4. Master of Chicken Gaming(MCG)
  5. Vanquish(VQ)

ピックアップ:HANAGUMI KAREN
去年のLJL CS 2017 Summer Splitで5位で厳しい結果に終わったHNKですが、ADCにNoface選手が加入したこと以外、以前のメンバーに変更がありません。(eclair選手は前回リザーブ登録でした。)よってメンバーにほぼ変更がなく、新設チーム達にどこまでチーム力を見せつけられるかが勝負の鍵になると思われます。

 

まとめ

自分の予想にはなりますが、予選を勝ち抜いてLJL CS 2018 Spring Splitで戦う6チームは、

  • SCARZ Burning Core
  • Crest Gaming Act
  • AKIHABARA ENCOUNT
  • V3 New generation
  • Sengoku Gaming Legends
  • HANAGUMI KAREN

になるのではないのかと思います。5位予想(A,B Groupの3位が戦って決めます。)が非常に難しく、HKTが勝っても全然おかしくないと思います。

 

最後に

改めてまとめてみると、今回のLJL CSに挑戦するチームは韓国人を起用しているチームが多いと思います。ついにCSもレベルが上がって来ました。その中でどのチームがPromotion Seriesに出場するのか非常に楽しみです。

LoL